SSブログ
前の3件 | -

兼田佳炎-2 萩茶碗 背面と両側面 [萩]

兼田佳炎02_02
兼田佳炎02_03
兼田佳炎02_04
 兼田佳炎の二つ目の萩茶碗を各方向から写しています。上の写真が背面で、二枚目が正面向かって左側面(窯印側)、三枚目が右側面です。

 どの方向から見ても、だいたい同じような景色です。整ったシルエットに微かに轆轤目が残り、そこに細かい泡の跡のある白い釉薬がかかり、所々に気泡が出ています。ただ、良く見ると場所によって釉薬の厚みに違いがある事が分かります。正面の釉薬が最も薄く、地の陶土が何となく透けて見えます。釉薬が最も分厚いのは右側面で、そこでは泡の跡が穴にならずに埋まっているのが見て取れます。
 全体に整って均一に見える茶碗ですが、近寄ってディティールを眺めると、手作り品特有の不規則で不均一な景色を見る事が出来ます。

 それにしても、この泡立った釉景はどのようにして作られたのでしょう。通常は、素焼きされた器に釉薬を掛けるので、釉薬の水分が素焼きの乾いた器に吸収されて、釉薬の泡は消えてしまいそうな気がします。また、釉薬の水分が乾いた器に吸収されていく過程で、器の中にあった空気が押し出されて気泡となる場合、気泡の穴はここまで細かくはならず、しかも穴にならずに泡として埋まったままで残る事はなさそうに思います。この茶碗にも、施釉時に器の空気が抜けて出来たのであろう一般的な気泡がありますが、それによる穴は泡の跡より大きく、明らかに違う種類の穴である事が分かります。
 良く良く見ると不思議な釉景です。

つづく












nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

兼田佳炎-2 萩茶碗 正面 [萩]

兼田佳炎02_01
 山口県萩市にある勝景庵で作陶している兼田佳炎(1949-)の萩茶碗です。兼田佳炎の作品としては二つ目の紹介です。写真では、窯印を向かって左90°の位置に持って来て、この向きを正面としています。

 私が萩焼の茶碗を最初に購入したのは、前に紹介した兼田佳炎の作品でした。それが非常にベーシックな良品で気に入ったので、更に同氏の作品を買い足したのです。

 今回の作品では、白い釉薬が全体に掛けられ、釉薬の縮れは全くありません。その代わり、無数の小さな気泡が見られます。その気泡には、どうも大小二つの種類があるようです。大きい方の気泡は、釉薬を掛けた際に陶土に含まれる空気が出てきた跡と思われ、細かい方の気泡は、元々あった釉薬の泡がそのまま残った物のように見受けられます。この大小の気泡が、この茶碗に独特の景色をもたらしています。

 フォルムは「呉記型」という事になるのでしょうか。轆轤目は残してありますが、乱れは少なく、ダルで少し退屈な形です。けれども、釉薬にある大小の気泡や、釉薬の厚みの変化によって、トータルとしては退屈になり過ぎない景色になっています。

つづく



萩温泉郷 宵待ちの宿 萩一輪

萩温泉郷 宵待ちの宿 萩一輪

  • 場所: 山口県萩市堀内菊ヶ浜482-2
  • 特色: 【母娘・女子旅人気宿ランキング全国7位に選出】ふぐ雑炊など山口の味覚【ふぐ】を盛込んだ朝食が好評



萩温泉郷 夕景の宿 海のゆりかご 萩小町

萩温泉郷 夕景の宿 海のゆりかご 萩小町

  • 場所: 山口県萩市椿東越ヶ浜6509
  • 特色: 【★4年連続!楽天アワード受賞★】<海に浮かんでいるような絶景空間>海へと続く「天然大岩風呂」は必見



萩温泉郷 海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩

萩温泉郷 海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩

  • 場所: 山口県萩市堀内485
  • 特色: 【★楽天アワード受賞★】日本の夕陽百選「菊ヶ浜」が一望できる天然温泉に癒されて♪



nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

杉浦芳樹-1 柚子黒茶碗 高台と掻き銘 [陶器その他]

杉浦芳樹01_06
杉浦芳樹01_07
 杉浦芳樹の柚子黒茶碗の高台と掻き銘です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 歪みが少なめで、ほぼ真円の高台は削り出しで成形されているようなのですが、幅が割りとあるのに加えて、指で均したように角が落とされたエッジになっていて、やはり少しダルな感じの仕上がりになっています。高台内に兜巾もありますが、何となく兜巾風になっているくらいの作りです。

 土見せから見える陶土には細かい砂粒も混ざっているようなのですが、そこまで強く荒い仕上がりにはされていなくて、もぐさ土のサクサクした質感は控え目に表現されています。

 掻き銘は「芳樹」です。茶碗全体はダルな雰囲気なのですが、この掻き銘だけはエッジの効いたシャープな彫りになっていて、この茶碗が所謂「作家物」である事を強く主張して来ます。この掻き銘だけで一気に身が引き締まる思いがします。

 という事で、杉浦芳樹の柚子黒茶碗でした。少し緩い雰囲気が使いやすい茶碗で、且つ作者のオリジナリティーが詰まった良い茶碗です。中古市場では買いやすい価格で出ている事が多いですし、一つは持ってても良いと思います。

おわり












nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -