SSブログ
陶器その他 ブログトップ
前の5件 | -

鯉江良二ー1 設楽手茶碗 高台と掻き銘 [陶器その他]

鯉江良二01_06

鯉江良二01_07

 鯉江良二の設楽手茶碗の高台と掻き銘です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は乱れのある真円で、高さは普通、高台内の兜巾は控え目です。高台内の上半分から高台脇にかけての土が焦げ茶色になっていて、明らかに正面から見える陶土と異質なのですが、もしかしたら腰から下の土は、胴から上の土と異なる素材が使われているのかも知れません。色の境界線が余りに明確なので、焼成時の炎の当たり具合の違いによる発色の違いとは思えないのです。

 掻き銘は横に倒れた「良」で、茶碗左側面の胴に大きく彫られています。鯉江良二はこのスタイルの掻き銘を良く使っています。自己主張が強くて鬱陶しいと感じる人もいらっしゃるかも知れませんが、これはこれでオリジナリティーのある面白い個性だと思います。

 という事で、鯉江良二の設楽手茶碗でした。本当に「伝統陶芸、前衛陶芸という言葉にこだわらない作風」の味わい深い茶碗だと思います。

おわり












nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鯉江良二ー1 設楽手茶碗 見込み [陶器その他]

鯉江良二01_05

 鯉江良二の設楽手茶碗を上から写しています。写真では茶碗正面を下にしています。

 上から見るこの茶碗は少し歪んだ真円形です。口縁には、化粧土の溜りと釉薬の溜りがそれぞれ一か所ありますが、そこ以外の厚みはほぼ一定です。ただ、微妙に角の形に変化があり、飲み口としては2時位置くらいが最も快適です。

 見込みの中は全体に化粧土がかかっていますが、厚さが不均一で、濃淡があります。また透明釉も一部かかっていない所があったり、また全体的に気泡があります。更に石爆ぜもあったりして、意外と退屈しない見込みの景色です。ただし、茶溜りは特段整形されておらず、形状的な面白味は余りありません。

 ところで、この茶碗は明らかに土を焼いた土物であるのは分かるのですが、その中でも一般的な陶器に属するのか、はたまた高温長時間の焼成がなされた炻器≒焼き締めなのか、どちらか良く分かりません。鯉江良二の郷里である常滑で焼かれる常滑焼は基本的に炻器ですから、鯉江良二のこの茶碗も、施釉されてはいますが炻器と同様に高温長時間の焼成がなされているかも知れません。実際、手に持った感触がちょっと硬い感じで、少し炻器っぽい雰囲気があるのです。その辺も、この茶碗の個性なのだろうと思います。

つづく












nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鯉江良二ー1 設楽手茶碗 背面と両側面 [陶器その他]

鯉江良二01_02

鯉江良二01_03

鯉江良二01_04

 鯉江良二の設楽手茶碗を各方向から写しています。上の写真が背面で、二枚目が正面向かって左側面(掻き銘側)、三枚目が右側面です。

 正面以外の各面には全体に白い化粧土がかかっています。透明釉もかかっていますが、こちらは全面に均一にかかっている訳ではなく、またかかっている部分も、粒々とした凹凸があり、何だか霧吹きでかけたような雰囲気になっています。

 左側面の胴には倒れた「良」の字が大きく彫られ、これが掻き銘になっています。この掻き銘のスタイルは鯉江良二の独自のスタイルです。で、この掻き銘と轆轤目、石爆ぜ、黒い点々、或いは口縁の一か所盛り上がった化粧土、同じく口縁に一か所盛り上がった釉薬の溜りといった要素がランダムに存在し、それらが不規則性の美しさを形作っています。こういう整えない美しさが鯉江良二の作品の美点であると私は感じています。

つづく



コンフォートホテル中部国際空港

コンフォートホテル中部国際空港

  • 場所: 愛知県常滑市セントレア4-2-3
  • 特色: ポイント10倍!得旅キャンペーン参加◆あいち旅eマネーキャンペーン加盟◆屋内通路で空港まで直結



ホテルルートイン常滑駅前

ホテルルートイン常滑駅前

  • 場所: 愛知県常滑市鯉江本町2-73
  • 特色: 常滑駅から徒歩3分!セントレアまで電車で5分とアクセス良好♪近隣に大型商業施設がぞくぞく誕生中!



スプリングサニーホテル名古屋常滑

スプリングサニーホテル名古屋常滑

  • 場所: 愛知県常滑市新開町3-174-1
  • 特色: セントレアまで(2駅)約5分 常滑駅すぐ前☆全室24㎡以上☆最新wifi完備&大浴場&無料駐車場♪



nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鯉江良二ー1 設楽手茶碗 正面 [陶器その他]

鯉江良二01_01

 常滑出身の陶芸家・鯉江良二(1938-2020)の設楽手茶碗です。写真では、一か所だけ地の陶土が見えている面があり、そこを正面としています。ここを正面とすると、胴に大きく彫られた掻き銘は、向かって左90°の位置に来ます。

 常滑と言えば日本六古窯の一つで、今でも常滑焼が有名ですし、「鯉江」姓はその常滑焼の歴史に於いて江戸時代の天保年間より尾張藩の御焼物師となっている等、重要な家系として登場して来ます。けれども当の鯉江良二は常滑焼の作家とは認識されておらず、Wikipediaとかでも「伝統陶芸、前衛陶芸という言葉にこだわらない作風が特徴」と言われ、実際の作品群を見ても実に様々なスタイルの作品を制作しています。また、氏の陶房も当初は常滑にありましたが、その後は1989年に愛知県設楽町へ、更に1994年には岐阜県恵那郡上矢作町へと移っており、この点に関しても常滑焼の作家とは言い難いです。

 この茶碗の箱書きにもある「設楽手」という言葉なのですが、ネット上で検索しても鯉江良二の作品しかヒットせず、一般的に用いられる陶芸用語ではないようです。一般に陶芸の界隈で用いられる「〇〇手」という言葉は、「〇〇焼風の」とか「〇〇焼の手法で製作した」とかの意味になりますが、「設楽焼」と言われる物は存在しないようです。一部ネット上に「信楽焼」を「設楽焼」と誤表記している例が散見されますが、鯉江良二の作品でそういう誤表記は考え難いです。また、鯉江良二は愛知県設楽町に陶房を構えていた時期がある事を考えると、この「設楽手」というのは、氏が設楽町で焼いた、或いは設楽町近辺で産出された部材を用いて焼いた作品という意味で、氏が独自に用いた言葉なのではないでしょうか。氏の「設楽手」作品を見ると、殆どが明るい茶色の陶土に白い化粧土をかけたスタイルになっており、このスタイルを「設楽手」と呼んでいるように思われます。

 さて、今回の設楽手茶碗ですが、乱れのある椀形の造形に白い化粧土がかけられ、更にその上から透明釉がかかっています。透明釉は全面に均一にかかっている訳ではなく、透明釉のかかっていない部分は艶消しのマットな色調になっています。正面に見える陶土は、独特の砂っぽい雰囲気があり、他では見ない珍しい陶土であるようです。正面左辺りに見える線彫りは、左側面にある大きな掻き銘の一部で、その掻き銘は装飾の一部となっています。

 本当に「伝統陶芸、前衛陶芸という言葉にこだわらない作風」で、実に味わい深い独自のスタイルだと感じます。

つづく



設楽山荘

設楽山荘

  • 場所: 愛知県北設楽郡設楽町西納庫井ノ口9-15
  • 特色: 【あいち旅eマネー加盟施設です】貸切風呂と囲炉裏が楽しめるぬくもりの宿。



みのや旅館

みのや旅館

  • 場所: 愛知県北設楽郡設楽町津具字寺屋敷11-5
  • 特色: リーズナブルなお値段で、ビジネスや観光での滞在にオススメ◎季節の料理をご堪能くださいませ。



古民家宿&バル てらわき/民泊【Vacation STAY提供】

古民家宿&バル てらわき/民泊【Vacation STAY提供】

  • 場所: 愛知県北設楽郡設楽町東納庫字上貝津21-2 古民家宿&バル てらわき
  • 特色:  



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

加藤芳比古-2 瀬戸黒茶碗 高台と掻き銘 [陶器その他]

加藤芳比古02_06

加藤芳比古02_07

 加藤芳比古の瀬戸黒茶碗の高台と掻き銘です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は乱れのある真円で、高さは低く、高台内の削りも浅いです。兜巾は2段ケーキのような造形で、主張も強くはありません。

 土見せから見えるザクザクした仕上げの陶土は、多分もぐさ土だと思うのですが、不思議と青っぽいグレーになっています。こういう色の土は初めて見ます。

 掻き銘は「芳」のはずなのですが、釉薬に殆ど隠されてしまって判読出来ません。一部見えている個所が、前に掲載した同氏の別の茶碗の掻き銘の一部と一致するので、間違いはないと思います。

 という事で、加藤芳比古の瀬戸黒茶碗でした。ゴツゴツして荒々しい造形と、ヌメッとした表面の質感が、独特の感触を持つ手に伝える面白い茶碗です。

おわり












nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 陶器その他 ブログトップ