SSブログ

新庄寒山ー5 萩焼茶碗 高台と窯印 [萩]

新庄寒山05_06

新庄寒山05_07

 十三代・新庄寒山の五つ目の萩焼茶碗の高台と窯印です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は少し乱れのある真円です。乱れ方について言えば、この茶碗で最も乱れのある箇所が、この高台という事になろうかと思います。高台の直径は小さい方ですが、椀形の茶碗では標準的な直径だと思います。兜巾は、余り強くは主張して来ていませんが、ちゃんと整形されています。

 高台脇から畳付き、高台内までの全体に釉薬がかかっており、土見せは全くないのですが、透明釉が薄いので、砂粒混じりの陶土や少しザクザクとさせた削り跡などが良く見て取れて、退屈させない景色となっています。

 窯印は「寒山」です。十三代・新庄寒山のいつもの窯印です。

 という事で十三代・新庄寒山の五つ目の萩焼茶碗でした。寒色と暖色が荒々しく混じりあった発色と、乱れのない整って静かなシルエットとが絶妙のバランスで楽しませてくれる良い茶碗です。

おわり












nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新庄寒山ー5 萩焼茶碗 見込み [萩]

新庄寒山05_05

 十三代・新庄寒山の五つ目の萩焼茶碗の見込みです。写真では、茶碗正面を下にしています。

 上から見るこの茶碗は、整った真円形をしています。口縁は均一で薄いので、何処に口を付けて飲んでも快適です。見込みの底には二重に削り跡があるので二段の茶溜りがあるようにも見えますが、特に凹ませてあるのは内側の方なので、そこだけが茶溜りだと考えるべきでしょう。

 発色に於いては、暖色と寒色、それと釉薬の溜りによる白い模様がランダムに混ざった少し荒々しい景色になっています。特に12時位置から5時位置辺りまでで青灰色の発色が強く出ていますが、この辺りは外側も青灰色が強く出ています。

 この見込みに於いても、荒々しい発色と整って静かな形状が、絶妙なバランスの景色を作り出しています。

つづく





ホテルアクティブ!山口

ホテルアクティブ!山口

  • 場所: 山口県山口市小郡御幸町4-1        
  • 特色: 和洋朝食サービス★WiFi無料★加湿空気清浄機★個別空調★ポケットコイルベッド★32型TV



コンフォートホテル新山口

コンフォートホテル新山口

  • 場所: 山口県山口市小郡明治2-7-21
  • 特色: 旅々やまぐち、やまぐち割引宿泊券対象施設◆新山口駅北口徒歩1分◆無料朝食◆小学6年生まで添い寝無料



天然温泉「山都の湯」ホテルルートイン山口 湯田温泉

天然温泉「山都の湯」ホテルルートイン山口 湯田温泉

  • 場所: 山口県山口市泉都町9-1
  • 特色: WOWOW全室無料視聴可★全館Wi-Fi★天然温泉大浴場【露天あり】★無料駐車場★無料朝食バイキング



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新庄寒山ー5 萩焼茶碗 背面と両側面 [萩]

新庄寒山05_02

新庄寒山05_03

新庄寒山05_04

 十三代・新庄寒山の五つ目の萩焼茶碗を各方向から写しています。上の写真が背面で、二枚目が正面向かって左側面(窯印側)、三枚目が右側面です。

 全体に青灰色が良く出た発色です。特に背面から右側面にかけてで良く出ていて、そこでは見込み側でも青灰色が強く出ていますから、焼成時にその辺りの酸素が特に少なかったのでしょう。このように焼成時の状況が想像出来る焼き上がり方をする萩焼というのは、とても興味深い焼物だと思います。

 各方向から見るシルエットは、乱れが少なく、正面とほぼ同じ形です。これだけ整った形をしていると、ともすると少し退屈な見た目になりがちなのですが、寒色と暖色がムラムラとランダムに混ざった発色と、陶土に混ざった砂粒によるブツブツ感、薄っすらと残った轆轤目、それと釉薬の溜りによる白い模様等によって、全く退屈にならずに眺めていられます。むしろ形が整っているだけに、発色による荒々しさが適度に抑えられ、絶妙なバランスに収まった景色です。

つづく












nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新庄寒山ー5 萩焼茶碗 正面 [萩]

新庄寒山05_01

 十三代・新庄寒山(?-1968?)の萩焼茶碗です。十三代・新庄寒山の茶碗を取り上げるのは、これで五つ目です。写真では、高台脇の窯印を向かって左90°の位置に持って来て、この向きを正面としています。

 不思議と私の心に刺さる作品が多い十三代・新庄寒山ですが、寒色系の作品を持っていなかったので、これをコレクションに加えました。萩焼に於いては、焼成時に酸素を断つ焼き方≒還元焼成を行うと、青灰色に焼き上がるそうなのですが、この茶碗ではその青灰色が強く出ています。ただ、特に茶碗正面に於いては、むしろ暖色系の発色の方が強く出ており、焼成時に酸化 or 還元の状況を完全にコントロールし切ってはいなかった事が想像されます。

 シルエットはオーソドックスな椀形で、砂粒混じりの陶土による適度なイライラ感と相まって、とても持ち心地の良い茶碗です。この正面では暖色系のベースに所々寒色が混じり、更に流れた釉薬の溜りによる白い模様が入り、独特の景色になっています。荒々しさと重厚感がありながらも、暴力的になり過ぎず、適度な線で収まっている所が、優しい作品の多い十三代・新庄寒山らしさではないかと思っています。

つづく












nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

坂倉新兵衛-3 萩茶碗 高台と窯印 [萩]

坂倉新兵衛03_06

坂倉新兵衛03_07

 十二代・坂倉新兵衛の二つ目の萩茶碗の高台と窯印です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は乱れのある真円で、高さはそこそこありますが、高台内の彫りは浅めで、兜巾もそれほど主張して来ていません。土見せはありませんが、釉薬も化粧土も薄いので、陶土のザクザクした感じが良く分かります。

 これは十二代・新兵衛の特徴の一つだと思うのですが、高台脇から高台にかけてのつながりの部分が、角ではなく曲線になっています。箆で単純に高台を削り出したのではなく、削った角の部分を後から指でなぞってなだらかにしたような造形です。こういう造形は、十二代・新兵衛の他では、その新兵衛に招聘されて作陶を助けたと言われる大野瑞峰(1919-)の作品で良く見られます。

 窯印は「新兵衛」です。十四代・新兵衛の窯印では「衛」が「ヱ」となっていますが、十二代のでは「衛」です。また、当代の十五代・新兵衛でも「ヱ」となっており、且つその字が少し小さくなっています。こうした違いによって、同じ「坂倉新兵衛」の作品でも、どの代の作品なのかを特定できます。

 という事で、十二代・坂倉新兵衛の二つ目の萩茶碗でした。萩焼茶碗の一つの到達点だと感じる傑作だと私は思っています。

おわり












nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー