SSブログ

鯉江良二ー1 設楽手茶碗 高台と掻き銘 [陶器その他]

鯉江良二01_06

鯉江良二01_07

 鯉江良二の設楽手茶碗の高台と掻き銘です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は乱れのある真円で、高さは普通、高台内の兜巾は控え目です。高台内の上半分から高台脇にかけての土が焦げ茶色になっていて、明らかに正面から見える陶土と異質なのですが、もしかしたら腰から下の土は、胴から上の土と異なる素材が使われているのかも知れません。色の境界線が余りに明確なので、焼成時の炎の当たり具合の違いによる発色の違いとは思えないのです。

 掻き銘は横に倒れた「良」で、茶碗左側面の胴に大きく彫られています。鯉江良二はこのスタイルの掻き銘を良く使っています。自己主張が強くて鬱陶しいと感じる人もいらっしゃるかも知れませんが、これはこれでオリジナリティーのある面白い個性だと思います。

 という事で、鯉江良二の設楽手茶碗でした。本当に「伝統陶芸、前衛陶芸という言葉にこだわらない作風」の味わい深い茶碗だと思います。

おわり












nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。